CS-HG800-11

Ultegraと同時に発表された11-34Tスプロケットが気になったので、購入してみようと探したのですがCS-R8000のラインナップにありません。CS-HG800-11という別の型番になります。固定リングにもUltegraの文字は有りません。歯数は11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34Tになります。

久しぶりに秤の登場です。実測336g、Ultegra6800の11-32Tが実測288g、Sramの11-32Tに至っては実測196gですから、僅か2T差で140gの重量増になります。
ということで、R-SysについているUltegra11-32Tと交換してみました。RDはSram Red22のミッドケージですから、スペック上はキャパシティが足りません。チェーンの長さは11-32Tの時のままですが、さすがにBテンションは一番離れるところまで調整しました。調整台の上ではアウターローでも動いていますが、実走でどうなるか?SramにUltegra、ましてや34T、何があっても自己責任です。


スポンサーサイト

ヘッドパーツ交換

カーボンロードのヘッドパーツを交換しました。交換したガタのあるベアリングを分解してみました。

3個破損していました。2個は完全に割れていて、その間の1個はヒビが入っています。
upbearing02.jpg
それよりビックリしたのはインナーレースの削れです。ヘッドのベアリングは回転するわけではないので、ひとつひとつの玉の周辺が抉れて、凸凹がならんでいます。
結構、消耗するパーツなのだと認識しましたが、ベアリングの交換で済むなら安いものだと思います。
フロントブレーキをかけて、前後に動くようなら交換です。

看板は撤去

土日ともにカンカン照りでした。
昨日は、途中でGarminが36℃を越えたので自重して峠はやめ、「熊注意」の看板を見に行ったところ、撤去されていました。内容も「熊のような足跡」だったし、大丈夫なのでしょう。
今日は出かける前に機材トラブル発生。以前からハンドルがフラつくように感じていたのですが、走行前点検でヘッドにガタがあるので締め直すことにしました。キャップを締めてからステムのネジを締めたところ5Nm以下で「バチ~ン」と折れました。予備のネジを使って締めたのですが、ガタが残っています。峠には行かず、帰ってからヘッドをバラシてメンテナンスしました。
フラつきの原因が分かりました。ヘッド上部のベアリングのインナーレースが0.5mmほども動きます。シールを外して中を見ようとしたのですがうまく外れません。ヘッド周りのベアリングは規格が独自かもしれないので、自転車屋さんに行って注文してきました。
購入して確か3年半ほどですが、足柄峠の下りの速度抑制のガタガタがベアリング劣化の原因でしょう。自転車のアフターパーツの在庫って何年なんだろう?独自規格だったら2~3個注文しておいた方良いかもしれません。

ク* H29

昨日も、今日も足・・・。地蔵堂のT字路の温度計は25℃と26℃でした。今にも降りそうな天気だったのですが、降られませんでした。ただ、地蔵堂のトンネル内はウェットでした。
昨日の帰り、足柄広域農道との交差点を南足柄市運動公園の方に曲がった時、視界の隅に「ク・・・、平成二十九年・・・」の看板が見えたのですが、頭上には黒い雲がかかり夕方のように暗いのでそのまま急いで帰りました。今日はカメラを持って行き、その看板を撮影してきました。

交通量のある道路を走っている分には大丈夫だと思いますが、今後の情報には注意してください。
少なくともUターンして逃げられる幅の道路を走りましょう。

Think Tank Photo Naked Shape Shifter 17 V2.0

今日も足・・・。昼頃出発したのですが、地蔵堂のT字路の温度計は24℃、平地でGarminは30℃を越えていましたが、山沿いは曇りで暑さはそこそこでした。
今日の本題、自転車でノートPCを持参するならThink Tank Photo Naked Shape Shifter 17 V2.0がベストです。お急ぎでなければ並行輸入でないものを探してください。

thinktank02.jpg
「Think Tank Photo」は一般の方にはなじみがないと思います。カメラバッグメーカーとしてはDomkeやTenbaなどのような老舗ではなく比較的新しいメーカーですが、私は気に入っていてショルダータイプが寿命になり、同じモデルを買い替えて使っています。
何故、カメラバッグが良いかというと、クッションが厚く安心で重量物を入れても丈夫なこと、重くなっても持ちやすい(バックパックなら背負いやすい)ように考慮されていること、小物入れ用の小さいポケットや筆記用具収納などいたれりつくせりの作りだからです。カメラがデジタル化してからはノートPCのスペースも確保されています。
thinktank03.jpg
「Shape Shifter 17」は17インチPCまで収納可能なので、XPS15なら以前紹介したCoziのケースに入れたままで収納可能です。
thinktank04.jpg
「Shape Shifter」は、ジッパーを開くと10㎝収納スペースを大きくできます。カメラを収納しない時は外形をコンパクトにでき、背負いやすくなり、ジッパーを開ければ一眼レフカメラとレンズ3本が悠々入る大きなスペースが確保できます。
「Naked」は、カメラやレンズを個別に収納するクッションを省略しています。このバックパックは一眼レフカメラにレンズを付けたままでは収納できません。私としてはカメラバッグとして使う気はありませんから、Nakedのほうが400g軽いというメリットがあります。
15インチPC用にShape Shifter 15 V2.0もありますが、15のNakedはありません。
ちなみに私が使っているショルダータイプは、Think TANK Photo Urban Disguise Classic 35ですが、XPS15を入れると3㎝ほど飛び出してしまい、ジッパーを締めることができません。



プロフィール

folding2013

Author:folding2013
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ