昨日の記事の補足説明

昨日の記事で余計なことを書いたので補足説明をします
フロントダブルが効果的という結論は変わりませんが、チェーンラインの調整は保留とします。
Verge X30hは、リアエンド幅135㎜ということとクランクのインナーリング位置にチェーンホイールがついているので、チェーンライン調整のためBBに分厚いスペーサーが入っています。このためクランクはシャフトの長いカスタム品になっているようです。
折畳自転車でフロントディレーラーを追加する場合、ロードバイクと比較してシートチューブが太いためフロントディレーラーの取付け位置が中心線から外側に位置し、インナーリングにシフトできない、または、シフトしにくいという問題点が発生します。対策としてはフロントトリプルのクランクを使用してアウターとミッドの2枚を使用する対策とBBにスペーサーを入れてチェーンリングを中心線からより外側に移動させる方法があります。販売されているフロントディレーラー台座は、これを考慮してBB用スペーサーが添付されているものもあります。
Verge X30hをフロントダブルにする場合、インナーリング位置についているチェーンリングを外に移動し、アウターリングのあった位置にインナーリングを追加するのでチェーンラインは外側に移動するのですが、フロントディレーラーの変速性能を重視して、BBのスペーサーはそのまま使用します。
追加パーツは、フロントディレーラー台座、フロントディレーラー、シフトレバーおよびケーブルの4点になります。チェーンは一旦切りますがミッシングリンクで接続すれば継続使用できます。古ければ交換です。
私の場合、Dua-Ace9000を使いたいという目的があったので、クランクのシャフト長は標準品のため、フロントディレーラー台座をヤスリで削って修正したり、ケーブル位置の調整でリングを追加したり複雑なことをしています。クランクを交換しないなら、最低限の改造でも動作すると思います。チェーンラインが正しく合ってないと変速性能の低下やチェーン外れの原因となりますが、アウターロー、インナートップを使用しないように気を付けることで問題は少ないと思います。
このくらいなら〇輪さんでやってくれそうな気もしますが・・・。
スポンサーサイト

11速化するなら

「ノーマルのTern verge 30hでは登坂がしんどい!
とは言え、フロントW化は高額です。今の時代WO20インチ以上の自転車に買い替えた方が賢い選択です。
そこでスプロケの11速化を検討してますが、普通に外して11速のスプロケットは付けますか?
当然、11S対応のディレイとシフトとチェーンは必要だとは認識してます。」という質問を受けたのですが、長文になりそうなので記事にすることにしました。

まず、大問題が一つ、「左右のレバーが異なることを容認できるか?」。ドロップに改造していると目立ちますが、ブルホーンなら下側で目立たないから「よし」と仮定することにします。3×11速のレバーって無いんです。

スプロケットは「エドコ MonoBlock シマノ 11段 (10段ボディ用) カセットスプロケット」を使用します。レーコンにも10段ボディ用11段がありますが、アルミ製なので軽量ですが寿命が非常に短くなります。エドコは、11-25/27/28/29Tと4種類ありますので、どうせなら11-29Tが良いでしょう。
リアディレーラーは29Tの場合、シマノ 105 なら RD-5800-GS、ミッドケージを選択します。105の上のクラスならショートでも30Tに対応していますから問題ありません。
レバーは選択したリアディレーラーに合わせます。右前ブレーキでご使用中なら、ブレーキキャリパーも銘柄を合わせると、設計本来のブレーキ性能になります。
チェーンも11速用のチェーンに交換ですが、チェーンは駆動ロスに関係するので、できればCN-HG901 11段が良いと思います。

こうして書いてみるとお気付きのように、こんなにお金をかけて沢山パーツを交換しているのにギア1枚分しか楽にならないのです。それならスプロケットを「シマノ ティアグラ CS-HG500-10 12-28T 10段」に交換すれば28Tでギア1枚分楽になります。チェーンも長くする必要があるので交換かもしれません。11-28Tが無いのでトップ側が一段減ることを容認できるかどうかです。
「シマノ ティアグラ CS-HG500-10 11-32T 10段」というスプロケットがあるのですが、10速用で32Tに対応できるミッドケージのリアディレーラーがありません。

やはり、変速範囲を広げるには、フロント2段の効果が高いのです。何とかフロントディレーラーが取り付けられれば、使用頻度は低いのでバーエンドシフトレバーの左のみ追加して変速するのが簡単です。フロントのチェーンリングのカバーを外し、チェーンリングを外側に移動して42Tくらいのインナーリングを追加します。チェーンラインは、BBのチェーンリング側にスペーサーが入っているので調整します。昔のことで忘れましたが、2枚入っていたら1枚を反対側に、1枚しか入っていなかったらその1枚を反対側に移動します。11速に改造するよりパーツ代はかからないと思います。ただ、自己責任部分が大きいので、普通は自転車屋さんではやってくれないかもしれません。柏の自転車屋さんはどうかな。
ご不明な点がありましたら、コメントをください。

足柄ロングライド

今日も足…。平地は晴れていてGarminで33℃と暑かったのですが、山沿いは曇りで地蔵堂のT字路の温度計は26℃でした。頂上へ着くと人がたくさんいて、お巡りさんが交通整理をしています。「足柄峠笛まつり」だそうです。そんな催しがあるとは知らなかったので、カメラは持参していませんから写真は無しです。
さて、10月8日に「足柄ロングライド」というイベントがあります。「田舎だからこその、絶好の自転車環境をご用意しました!」だそうです。2か月くらい前に知り、紹介しようかと思っているうちにパソコンが壊れ、紹介どころかブログの更新も滞ってしまいました。
メインは丹沢湖ですが、100Kmコースでは、丹沢湖に向かう前に地蔵堂あたりまで登るようです。
定員に達していなければ、募集は来週の火曜日、19日までです。興味のある方は、是非、参加して、田舎道を走ってみてください。

「ロードバイクの作法」竹谷賢二著

今日も足…。地蔵堂のT字路の温度計は22℃、サイクリング日和です。日曜日なので工事のコンクリートミキサー車もなく、大勢のランナー、サイクリストが登っていました。

最近買った本の2冊目です。竹谷賢二さんの著書では、「Bicycle Riding Book」「バイシクル・トレーニング・ブック」を、いつも参考にしていました。今度の本はざっと目を通す読み方がとよいと思います。「本当はこうだったのか!」と気が付くことがあると思います。パソコン関係によくある「便利技」の本のように、目次を見て気になるページを読む方法もよいと思います。
新書サイズなので、気軽に、どこででも読めます。






「僕のジロ・デ・イタリア」山本元喜著

今日も足・・・。地蔵堂のT字路の温度計は24℃と過ごしやすくなりましたが、少し風が強かったです。今日は峠の向こう側で工事をしているようで、大型のコンクリートミキサー車が頻繁に往復していました。ご注意ください。
パソコンの整備も進み、Photoshopが使えるようになったので、写真をアップします。

だいぶ前に購入したのですが、パソコンが壊れて紹介できていませんでした。
この本も佐藤さんの編集ですが、読みやすいので、一気に読んでしまいました。内容も面白いです。
普通、本になるのは優勝した人やトップクラスの人が多いので、アシストの人が主人公の本は貴重です。「へ~!アシストって、こんなことを考えながら走っているんだ。」と、興味深く読みました。レース観戦に興味のある人にはお勧めです。



プロフィール

folding2013

Author:folding2013
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ