FC2ブログ

重いリム

前の記事で書いたように新型のCCUは重量が100gほど重くなっています。リム以外の構造は変わらないようなので、リムの幅が広くなり空力特性が向上し、重量も重くなったものと思います。評価は「転がりが良くなった」というものです。GO〇〇もリムが重いことで有名ですが、リムが重いほうが良いのか?

本当はクランクの回転方向のペダリングデータがあればよいのですが、考え方の参考として「ロードバイクの科学」に記載されているペダリングの慣性力+重力による踏力の図を使って、180度位相をずらした波形を合成してみました。点線のように左右のペダルの踏力を合成した値が一定値に近いならば、重いリムの利点を生かせると思います。大きなパワーが必要になるのは加速時ですから、合成した値の変動が大きければ、加速時にパワーが必要になり、特に登りではリムの重さが負担になってしまいます。
つまり、左右の踏力を合成した値が一定になるような、ペダリングの上手な人が使えば、転がりが良く、重量増加のデメリットが少ない、総合的な性能の良いホイールということになります。
まあ、単純に登りでも高ケイデンスを維持できるならば、デメリットが少ないといっても良いかもしれません。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL